コピー機の平均的な耐用年数はその使用環境にも影響されていますが大体5年くらいといわれています。コピー機が寿命を迎えるまでの印刷枚数がおよそ300万枚であり、5年たつのと印刷枚数が300万枚に達するのとどちらが早いかが寿命と判断されます。

その為5年を目安に交換をしていきます。ただ5年たつ前にトラブルが発生してしまった場合にはその時点での交換もあり得ます。コピー機はあまり耐用年数が長いものではなく、何らかの理由で破損してしまい修理もできないケースも珍しくはありません。また、使っていないからと言っていつまでも持つこともありません。中に入ってるゴムなどの部品には使っていなくても老朽化していくものがあり、一定の年月が来てしまえば駄目になってしまいます。

これらの理由であまり使用されていないコピー機であっても10年ほどたってしまえば劣化してボロボロになります。5年が目安であるとはいえ、それよりも早く壊れると想定して交換することがお勧めです。壊れてから対応するのではなくてはやめに手を付けることを心がけましょう。また、リース契約の場合にはこれを機に料金の見直しをすることでコストの削減ができるかもしれません。