オフィスに新たにコピー機などの機器を導入、あるいは入れ替えようとしているときには本体を購入する以外にもコピー機のリース契約という手段があります。リースによるメリットと現状を照らし合わせてより得をする方法を選択しましょう。ではリースとは何か、これはリース会社が利用者に代わって機器を購入し利用者に対して長期間で機器を貸し出す契約のことを言います。

これによって機器を自分で購入するときのように一時的に多額の金額を必要とすることはありません。よって予算制度に拘束されるリスクもリース契約ならば容易に機器を導入できます。また、常に最新の機器を使用できるので機械設備の陳腐化を防ぐことも可能です。なので資金の固定化を防ぎつつ効率的な運用ができます。そして、税務上で認められた期間であればリース料の全額を経費として扱えます。

また、法定耐用年数よりも短い期間でリース契約を結べるため償却期間を短縮できます。さらに、購入手続きを手早く済ませられ、固定資産税の計算・農夫・保険事務などの複雑な事務管理が不要となります。多少購入よりも金額が高かった場合にも管理などのことを考慮すれば結果的にはリース契約の方が安価で手軽な場合もあります。