コピー機購入に迷ったら

コピー機購入に迷ったらここを考えろ!

耐用年数

コピー機の平均的な耐用年数はその使用環境にも影響されていますが大体5年くらいといわれています。コピー機が寿命を迎えるまでの印刷枚数がおよそ300万枚であり、5年たつのと印刷枚数が300万枚に達するのとどちらが早いかが寿命と判断されます。

その為5年を目安に交換をしていきます。ただ5年たつ前にトラブルが発生してしまった場合にはその時点での交換もあり得ます。コピー機はあまり耐用年数が長いものではなく、何らかの理由で破損してしまい修理もできないケースも珍しくはありません。また、使っていないからと言っていつまでも持つこともありません。中に入ってるゴムなどの部品には使っていなくても老朽化していくものがあり、一定の年月が来てしまえば駄目になってしまいます。

これらの理由であまり使用されていないコピー機であっても10年ほどたってしまえば劣化してボロボロになります。5年が目安であるとはいえ、それよりも早く壊れると想定して交換することがお勧めです。壊れてから対応するのではなくてはやめに手を付けることを心がけましょう。また、リース契約の場合にはこれを機に料金の見直しをすることでコストの削減ができるかもしれません。

選び方

最適なコピー機を選ぶ上では月間印刷枚数は重要になってきます。月間印刷枚数とは一か月の間で何枚の紙が印刷されたのかを数値化したものです。これを把握することで選ぶべき機器の性能は明確になってきます。そのため、まずは自分の月間印刷枚数を知っておきましょう。

もしも、初めてコピー機を導入するため全く見当がつかないというのであれば、業務用コピー機を導入する上で最低限想定されている月間印刷命数の500枚という数値を覚えておくと便利です。起業したての会社ならばこの数値を上回ることはそう多くはありません。そして、業務用のコピー機を家庭用のコピー機で代用するかどうか悩んでいた場合にもこの玄関印刷枚数を基準にしていけば選びやすいです。

月間印刷枚数による判断で見極めればほぼ間違いはありませんが他にも必要な機能があるかどうかもチェックしておきましょう。コピー機はほとんどできることは変わりません。しかし、使えると思っていた機能がついていなかったなんてことは避けたいものです。最低限ある機能でもネットに対応しているかどうかなどよく使う機能は覚えておきましょう。どういった機能が必要かは導入前にしっかりと確認しておくとよいです。

リースの存在

オフィスに新たにコピー機などの機器を導入、あるいは入れ替えようとしているときには本体を購入する以外にもコピー機のリース契約という手段があります。リースによるメリットと現状を照らし合わせてより得をする方法を選択しましょう。ではリースとは何か、これはリース会社が利用者に代わって機器を購入し利用者に対して長期間で機器を貸し出す契約のことを言います。

これによって機器を自分で購入するときのように一時的に多額の金額を必要とすることはありません。よって予算制度に拘束されるリスクもリース契約ならば容易に機器を導入できます。また、常に最新の機器を使用できるので機械設備の陳腐化を防ぐことも可能です。なので資金の固定化を防ぎつつ効率的な運用ができます。そして、税務上で認められた期間であればリース料の全額を経費として扱えます。

また、法定耐用年数よりも短い期間でリース契約を結べるため償却期間を短縮できます。さらに、購入手続きを手早く済ませられ、固定資産税の計算・農夫・保険事務などの複雑な事務管理が不要となります。多少購入よりも金額が高かった場合にも管理などのことを考慮すれば結果的にはリース契約の方が安価で手軽な場合もあります。

1 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén